日焼け止めというとどうしても肌に負担がかかるイメージがあります。
日焼け止めを落とす必要があるということはその分肌に残っていたら良くない成分とかがあるってことでしょうから。

自分に使うならまだしも赤ちゃんに日焼け止めを使うとなると色々と考えてしまいますよね。

紫外線から守ってあげたいけど、日焼け止めの成分で肌荒れしたら大変・・・。
使うとしてもどういうのをつかえばいいの?
 
ママの悩みはつきません・・・。
 
 
 

肌が弱い赤ちゃんでも日焼け止めは塗るべき!

まず、使うか使わないかに関しては、使うべきでしょう。

肌が弱いというのは、とっても心配ではありますが、紫外線もかなり強力です。
>>赤ちゃんに日焼け止めは必要?いらない?
 
紫外線を完全に避けて散歩や外出をするとなると行動時間は夜しか無理です。
でもそうは行きませんので、やはり日焼け止めを塗って外出ということになるでしょう。
 
 
ただ、極度に肌が弱く、お医者さんから日焼け止めの使用を止められている等の場合は使わずに、どうしたらいいのかお医者さんと相談してください。

肌が弱い赤ちゃんはどういうものを使えばいいの?

日焼け止めといっても種類は一つではなく様々なものが販売されています。
それこそ赤ちゃん用に成分などが調整されているものもかなりありますからね。

肌が弱い赤ちゃんのための日焼け止め選びとして、大事になってくるのが【紫外線吸収剤】と【紫外線拡散剤】の二つです。
似たような名前ですが、それぞれ効果が違いますしメリット・デメリットがあります。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は紫外線から防御してくれるパワーが強い成分です。
その名の通り、成分自体が紫外線を吸収して肌に届かないようにしてくれるわけです。

大人用の紫外線防御力が高いものにはだいたいこの紫外線吸収剤が使われているのではないでしょうか。
 
ですが、効果が強い半面その成分が肌への負担となってしまうデメリットがあります。

そのため最近では紫外線吸収剤が入った日焼け止めを使わない人も多くなってきています。
 
 

紫外線拡散剤

紫外線拡散剤は鏡のように紫外線を拡散して肌への影響を少なくする成分です。

吸収剤と比べると防御力は引くくなりますが、その分肌に優しいのが大きな特徴。
また、効果が長持ちしたり二種類ある紫外線を防げるなどの特徴があります。
 
ただちょっと塗り心地に気になるなどのデメリットはありますね。 
  
 

赤ちゃんには紫外線拡散剤のほうがいいかと

当然肌が弱い赤ちゃんにはどちらの成分がいいのかは一目瞭然ですよね。

そうです。
紫外線拡散剤を使用しているものを使うことをおすすめします。

実際紫外線拡散剤でも十分に紫外線をガードすることができますし、真夏の炎天下の下に赤ちゃんを放置したりするわけではないでしょうから、紫外線拡散剤でも全然問題ありません。

肌にも負担が少ないわけですから、安心して使えますよね。
 
 
 

実際におすすめの日焼け止め

では実際にどのような日焼け止めを使うのがいいのでしょうか。

最近では紫外線拡散剤をアピールする製品も増えてきていますから、パッケージに書いてあることも多いため見つけやすいと思います。
 
ただ、紫外線拡散剤以外の成分なども気になるところですよね。
肌が弱いということはそれだけ刺激を受けてしまう可能性が高いわけですから、できるだけ肌に優しい日焼け止めを使いたいです。
 
 
となると、おすすめとしては100%オーガニックで作られた日焼け止め『アロベビーUV&アウトドアミスト』です。

100%オーガニックの素材作られていますから、肌への負担が少ないのはもちろんのこと、しっかりと紫外線もカットしてくれます。
この製品は結構雑誌などでも多く紹介されていますからご存知かもしれませんね。
 
ちなみに虫除けの効果もありますので、夏にお散歩に行くときも安心です。
最近は感染症などが怖いですからね・・・。
 
 

>>アロベビーUV&アウトドアミストの公式サイトはこちら
アロベビー UV&アウトドアミスト

 
 
 
 
 


関連記事